板厚のサポート範囲・製造可能サイズについて

板厚のサポート範囲

下記の板厚をサポートしております。

0.4mm, 0.6mm, 0.8mm, 1.0mm, 1.2mm, 1.6mm, 2.0mm

※板厚による公差
・1.0mm未満の場合、板厚公差は±0.10mmです。
・1.0mm以上の場合、板厚公差は±10%です。

製造可能サイズ

板厚 層数 製造可能サイズ
t0.8~2.0mm 片面 最小 6mm×6mm 最大 400mm×500mm
t0.4~2.0mm 2層 最小 6mm×6mm 最大 400mm×500mm
t0.8~2.0mm 4層 最小 6mm×6mm 最大 400mm×500mm
t1.2~2.0mm 6層 最小 6mm×6mm 最大 400mm×500mm

20mm×20mm以下の場合はフライング検査が対応できません。フライング検査が必要な場合は20mm×20mm以上を確保して下さい。
※V-CUTによるシート面付けの場合、最小サイズは70mm×70mm以上、最大サイズ400mm×400mmです。

関連記事

  1. フライング検査体制

  2. 表面処理

  3. キャスタレーション

  4. 基板面付け

  5. 基本材料:FR-4(TG-130)

  6. 製造枚数